自律神経 自律神経失調症 自律神経の乱れ

自律神経が乱れる原因

自律神経が乱れは、交感神経と副交感神経とのバランスが乱れることですが、その乱れの原因は実は明確に説明することはできないようです。不明というよりもさまざま原因が複雑に関係していて、単純に「これです」とは説明できないんです。

自律神経が乱れる原因要素

個別の要素となる原因は取り上げることができます・・・

 

ストレス
自律神経が乱れる原因で一番大きいのがストレスと言われています。

 

精神的ストレス:不安、心配、怒りなど
身体的ストレス:病気、ケガ、過労、事故など
社会的ストレス:仕事のプレッシャー、学業不振など
人間関係ストレス:付き合い、トラブルなど
物理的ストレス:暑さ寒さ、気圧の変化など
環境的ストレス:騒音、照明、災害など

 

それらのストレスが長く継続し、過剰になると、交感神経と副交感神経のバランスが乱れてきます。

 

不規則な生活
睡眠不足や不規則な食生活、昼夜が逆転したような生活などで、人の本来一定であるはずの生体リズムが狂ってしまい、交感神経と副交感神経の切り替えスイッチがうまく働くなり自律神経のバランスを乱しまいます。

 

体質による
自律神経のバランスをとる機能(調整機能)が弱い体質の方はいます。

 

女性ホルモン
女性の場合、女性ホルモンのリズムが影響して自律神経が乱れる可能性が高くなります。

自律神経失調症を治す方法をご紹介!

スポンサードリンク