自律神経 自律神経失調症 自律神経の乱れ

自律神経とは

「自律神経」という言葉をけっこう耳にされると思います。

 

人の体にはりめぐらされている神経系は、まず大きく2に分かれています。それは「体性神経(動物神経)」と「自律神経(植物神経)」です。

 

体性神経は、何かをしようとする時に自分の意志や意識で体を動かす神経です。運動神経と知覚神経があります。手足を動かしたり、おしゃべりしたり、また熱い・痛いなどの感覚を脳に伝達したり、逆に脳の指令を伝えてからだを動かしたりする働きをします。

 

自律神経は、体の内外の刺激に対して、自分の意志とは関係なく自動的に各器官に作用する神経で、生命維持のための重要な役割をになっています。交感神経と副交感神経があります。
心臓が鼓動を打ち、血圧を調節したり、食べ物をとれば消化したり、汗をかいて体温の調節したりするのは自律神経が働いているからです。

交感神経と副交感神経

さらに自律神経には、交感神経と副交感神経の相反する働きをする2つの神経があります。
さまざまな体の器官にこの2つの神経がバランスよく作用します。

交感神経
「活動する神経」とも呼ばれ、エネルギーを消費する働きや、精神活動を活発にする方向に作用します。心臓の鼓動を高める・血管を収縮させる・胃腸の働きを抑える・膀胱を広げるなど・・・

 

副交感神経
「休む神経」とも呼ばれ、消化などでエネルギーを蓄えたり、睡眠や休息をとるときに作用します。心臓の鼓動を抑える・血管を拡張させる・胃腸の働きを活発にする・膀胱を収縮するなど・・・

自律神経失調症を治す方法をご紹介!

スポンサードリンク