自律神経 自律神経失調症 自律神経の乱れ

自律神経失調症の症状

自律神経はからだのあらゆる器官をコントロールして生命を維持していますから、この自律神経が乱れると、全身にそして精神に、あらゆるところに症状が現れることになります。
また個人によっても症状は千差万別で、一様ではありません。

 

さらに1つ症状があらわれるのではなく、複数の症状が重複して現れたり、次々と症状が変わったりすることも多くて診断をむずかしくする要因にもなっています。

 

専門医でも慎重に診断する病気なんです。

 

全身症状
疲れやすい、倦怠感、めまいがする、微熱が続く、ふらつく、からだがほてる、食欲不振、不眠、朝起きるのがつらいなど
精神症状
不安感、恐怖感、イライラする、落ち込む、無気力、怒りっぽくなる、集中力の低下、記憶力・注意力の低下など


頭痛、頭が重いなど
・耳
耳鳴り、耳に閉塞感など
・目
目の疲れ、涙目、目の乾燥など
・口
口の渇き、口の中の痛み、味覚異常など
・手・腕
しびれ、痛み、冷え、ほてりなど
・足
しびれ、痛み、冷え、ほてり、ふらつきなど

自律神経失調症を治す方法をご紹介!

スポンサードリンク