自律神経 自律神経失調症 自律神経の乱れ

自律神経を整える方法

毎日の生活リズムを見直す

人の毎日の生活は、睡眠・食事・労働(仕事)・休養・運動の要素で成り立っています。これらを自律神経の働きでみると、労働や運動のときには交感神経が活発になり、睡眠や休養のときには副交感神経が活発になるというリズムになっています。

 

ですが夜更かしで睡眠時間が短くなったり、食事の時間が不規則になったりと、リズミカルだった各要素に過不足が生じてバランスが崩れると、それは交感神経と副交感神経の切り換えがうまくいかなくなり自律神経のバランスが崩れてきます。

 

個人差があるので生活リズムは一様ではありませんが、自分にあった規則正しい生活をすることが大切です。

早寝早起き(睡眠時間の確保)

睡眠は生活リズムの重要なポイントになります。本来人間の睡眠と起きているリズムは体内時計がコントロールしています。

 

ですが体内時計と睡眠・覚醒のサイクルがずれてくると体内時計が狂ってしまいます。そうなると体が適応できず自律神経の働き(バランス・切り替え)も乱れてしまいます。

 

ですから、睡眠のリズムを直し、十分な時間を確保し、睡眠の質を高めることが大切です。

自律神経失調症を治す方法をご紹介!

スポンサードリンク